ページ

2012年5月26日土曜日

archives/8904


世界中には多くのWEBサイトが存在しますが、大きく分類すると目的は、たった2種類しかありません。

非営利か営利か

当然ですが必ずいずれかに分かれます。ビジネスの場合は、商品を売るという直接な目的ではないサイトでも、間接的には商品やサービスを宣伝する役割を持っているはずです。WEBデザインはどうあるべきか、集客の要素であるSEO対策や、ユーザーをコンバージョンさせることを意識することが大事です。

ユーザーの直帰率を10%改善することができれば、売上にも大きく貢献することができるでしょう。検索エンジンの目的は、ユーザーが入力したキーワードから、ユーザーが求めているWEBサイトへ導くことです。それが検索エンジンのコンバージョンです。


1.左カラムか右カラムか

WEBサイトを見る人間の目線はFやZのように動くと聞いたことがありますか。文字は左から右に流れていますので、自然な流れかと思います。重要なコンテンツや情報はなるべく左側におくべきということです。

通販ショップ アマゾンはみなさん御存じかと思いますが、メニューは右、左どちらにあるか思い出すことはできますか?


そうです。メニューは左にあります。

なぜ左にあるのか、アマゾンに来るユーザーの目的は商品です。ただ、数多くの商品の中から自分が購入したい商品を見つけるには、カテゴリが非常に重要な役割を持っているからです。さらに重要な商品ページも、もちろん左側に設置されています。

次にYahoo!ニュースを思い出してください。Yahoo!JAPANのトップページから直接記事に飛ぶ方が多いと思いますが、ニューストップは左に記事一覧が表示され、クリックした後の記事内容も左側に設定されています。

アーカイブなど閲覧される可能性が低いものは右に設置しておきましょう。重要度が高いものは必ず左側に設置しなければいけないということです。


2.テキストはターゲットに合っているか

集客の為にはテキストにも意識をしなければいけません。子供がターゲットのサイトであれば、英語や専門用語を使うべきではありません。また、年配の方をターゲットにするのであれば、フォントサイズを大きくするといった配慮も必要になります。

テキストを作成する時は、男性女性どちらが見ているのか、年齢は何歳ぐらいの人がみているのか、体型は?服装は?など、ユーザーの姿をイメージするようにしましょう。


3.WEBサイトのジャンルに合った色を選ぶ

ふわふわ

この文字を見て、どういった色を想像しますか?青や赤をイメージする人は少ないと思います。ピンク、水色などでしょうか。文字にも色があるように、その業種にも向き不向きな色というものがあります。

ユーザーがイメージする色ではない場合、違うサイトに来てしまったと判断して直帰率が上がってしまう可能性があります。

ユーザーの直帰率というのは以外にも非常に高く、優れたサイトでも場合によっては半分以上がトップページを見た時点で帰ってしまいます。最初のイメージが非常に重要だということです。


4.SEOに向いたサイト構造になっているか

内部リンクはSEOに非常重要な要素です。キーワードを無理やり内部リンクに含めているサイトをよく見かけますが、上位化したいキーワード1つを全ページにまで反映させる必要はありません。各ページは複合キーワードを上位化させてください。あくまで例ですが、下記のような構造でページを作成していく必要があります。

ダメな例)
トップページ:SEO 10位
サブページ:SEO 50位
サブページ:SEO 100位

良い例)
トップページ:SEO 10位
サブページ:Google対策 10位
サブページ:Yahoo!対策 10位

各ページごとに上位化を狙う土俵を分けなければいけないということです。


5.内部リンクは適切に説明できているか

内部リンクのテキストは飛び先のページ内容を適切に説明しているものでなければいけません。

・SEOについて
これでは具体的にどういう内容かわかりません

・SEOの意味を解説
これで何が書かれているか具体的にわかります

検索エンジンに理解してもらうということも重要な部分ではありますが、ユーザーにも分かりやすくすることで、サイトのページビューが上がります。ユーザーが期待するコンテンツが飛び先にあるかどうかを考えて内部リンクのテキストを作るようにしましょう。

また、メニューバーなどのリンクは常にデータを取り、クリック率の高いリンク先を上部に持ってくることでWEBサイト全体が最適化されます。

4 件のコメント:

  1. すべての記事を拝見しましたが、とても参考になります。
    今後も参考にさせていただきますとともに、
    次の記事を楽しみにしています。

    返信削除
  2. はじめまして。
    とても参考になりました。
    1つ、この記事に関して質問させてください。

    -----------------------------------
    良い例)
    トップページ:SEO 10位
    サブページ:Google対策 10位
    サブページ:Yahoo!対策 10位
    -----------------------------------
    本文中のこの部分に関してですが、
    サブページに「SEO」をいれていないのには理由がありますか?

    トップページ:SEO
    サブページ:GoogleSEO対策
    サブページ:YahooSEO対策

    サイト全体のテーマがSEOである場合、↑のように
    サブページも〇〇〇+SEOのようにしたほうがトップページ「SEO」との関連性が高まり、ベターかと思うのですが、どうでしょうか?

    もしくはあえて、サブページに「SEO]を入れいないないとすると
    どんな理由からなのでしょうか?

    長文失礼しました。




    返信削除
  3. はじめまして高橋さん

    おっしゃる通り、Google対策よりもをGoogleSEO対策のようにトップページのテーマに合わせたキーワードを設定する方がより効果は高いかと思いますが。

    ただ、今回省いた理由としましては、そこまでの対策を行うことは、一般の方には非常に難しく、過剰な設計を避ける為です。

    タイトルにはSEOを含める、altにはキーワードを含める、Hタグにはキーワードを含める、重要なキーワードはstrongで囲む、といったように、もちろん効果はあるけれど、すべてを設定すると、過剰なSEOになってしまうという事例が多くあり、それが原因でペナルティや上位化しずらい状況になっているサイトを数多く見てきました。

    そのページに合わせたキーワードを狙うことはもちろんですが、内部施策に関しましては、非常に敏感で繊細なものですので、より自然に見せることが重要だと考えております。

    返信削除
  4. ありがとうございます。

    サブページをトップページテーマ(キーワード)とどこまで合わせるか、くどくなりすぎるのも以前から気がかりでしたのでとても参考になりました。あくまで「自然」を目指していこうと思います。








    返信削除